天才プロデューサー・秋元康のヒットを生み出す方法論がスゴイ!多くの人を感動させる方法とは?


国民的アイドルグループの生みの親・秋元康の軌跡

秋元康さんといえば、日本を代表するアイドルグループの生みの親として知らない人はいないのではないでしょうか?
秋元さんは、『ザ・ベストテン』、『オールナイトフジ』、『夕やけニャンニャン』などを担当し、高視聴率番組へと導きます。

さらに小泉今日子、とんねるずをはじめ、美空ひばりの遺作となった「川の流れのように」の作詞を手がけ、作詞家としての地位を確立。

1985年、女性アイドルグループ「おニャン子クラブ」の作詞とプロデュースを手がけて大ヒット。「おニャン子クラブ」から多くのスターを誕生させます。

2005年、AKB48を立ち上げ、社会現象にもなる空前の大ヒットに!
その後も、AKBの派生グループ、さらに乃木坂46、欅坂46など、日本のアイドルブームを牽引しています。

輝かしい実績からヒットメーカーとも呼ばれる秋元さんですが、自身のヒットを生み出す方法論について語り、注目が集まっています。

いったいどんな方法論なのでしょう?
気になる内容は次のページからご覧ください!!