「いじめ問題」に対するV6井ノ原の熱い想い→いじめられた自身の経験を明かす!


「いじめ問題は大人の対応が大切」と語る井ノ原


220日の「あさイチ」(NHK総合)では同月6日に続き『いじめ問題』を取り扱い、キャスターを務めるV6の井ノ原快彦(40)は、いじめについて自身の熱い想いを語った。
今回の番組のテーマは「いじめ後遺症」。これは子供の時に受けたいじめの記憶を大人になってもトラウマとして引きずり続けてしまうことを指す言葉だという。
いじめ問題について、井ノ原は大人の対応についてこれまでも疑問を投げかけてきた。
中学時代に同級生から訳もなく無視され続けたいじめの経験がある20代女性は、親から

「あんたがいけないことしちゃったんじゃないの?」

と言われたという。
これに対して井の原は「どんな理由があろうとも全員で個人を無視していいわけがない」と意見を述べた。井ノ原は「虐待も一種のいじめ」と指摘し、大人が子供をいじめることこそが最も怖いものだと語った。
井ノ原が「いじめ問題」にここまで熱くなるのはなぜなのか。それは自身の経験があったからだった。
気になる続きは次のページのページでご覧下さい!