自爆テロによって両親を奪われたレバノンの少年→大好きなC.ロナウドとの対面するまでの感動の実話をご覧ください・・・※動画あり




レバノンの首都ベイルート「中東のパリ」とも称される街で2015年11月12日に発生した自爆テロは、一般市民43人の命を奪い、負傷者は230人を超える大惨事となりました。

当時3歳になるハイダル君はその事件で負傷し、かけがえのない両親を奪われました。

たった3歳での両親との突然すぎる別れにより、彼がどれほど絶望し、悲しみ、苦しんだことか想像しただけで胸が苦しくなります。

そんな中、レバノン人ジャーナリストであるラナ・ハルビさんは何とか彼の笑顔を取り戻す方法を探り、クリスティア―ノ・ロナウド選手と対面のチャンスを得るため動き出しました。

感動の実話は次のページにてお伝えいたします。





よく読まれている記事