「何もしなくても彼は日の目をみる・・」松本人志が語る遅咲のアーティスト竹原ピストルとは




音楽と竹原ピストル

試験会場で名前を書き忘れて前を向く瑛太、バックで流れる「よー、そこの若いの」竹原ピストルの歌である。特徴ある声は、聴けばどこかに残ってしまう。
竹原のキャ
リアは長い、1999年にフォークバンド「野狐禅」を結成、03年にメジャーデビュー、09年に解散以降はソロで活動、最近はおっさんテラスハウスとして話題の「バイプレイヤーズ」のエンディングテーマも歌っている。

「俺がやりたいのは、自分を応援してくれる人たちに、竹原ピストルが活躍している姿

をわかりやすく見せることなんですよ。俺にとってはそれが一番」

聞けば忘れられない歌声と主張ある歌詞、竹原は歌う、年間に250~300本。日本中を駆け回りアコースティックギター1本でライブ会場に立つ。
「応援してくれる方たちに」竹原
には表現者としての熱がある。そんな竹原のミュージシャンとしての実力は山崎まさよしや秦基博などが所属するオフィスオーガスタに所属することからもわかる。
表現者としての竹原は音楽だけに留まることなく、イラスト詩集を発表したり絵画展を開くなど、幅広い表現活動を行っている。
音楽をやらない日は絵画展に行くのが息抜だという。
表現方法も多才であるが、驚くべきはその経歴。高校・大学を通じてボクシング部に所属、同期の選手には新人王や日本チャンピオンが顔を並べる、本人も全日本選手権に二度の出場。
方面に才能を発揮してきた竹原であるが、近年その演技力に注目が集まっている。「さや侍」で竹原を起用した松本仁志が語った、出てきて当たり前の竹原とは・・
詳細は次のページでご覧下さい!





よく読まれている記事