「あんなに泣いたことはない」関ジャニ・横山裕の弟が2年も記憶を失った真相を告白…




TBSの「A-studio」は鶴瓶がゲストを掘り下げることで知られる人気番組。1月27日放送のゲストはジャニーズの人気グループ関ジャニの横山裕が出演。最近は自身が主演を務める「破門 ふたりのヤクビョーガミ」のプロモーションでテレビへの露出が増えている。一連の流れでの「A-studio」への出演であったが、以前から親交のある鶴瓶が司会であり、また、番組もゲストを掘り下げることが売りとなっているため横山が通常は触れることのない家族の話題にまで質問が及んだ。母親のことに鶴瓶が言及すると横山は、「テレビで話すのは初めてですけど」と神妙な態度で話を始めた。

「バラしたら絶対にアカン・・」横山はこみ上げてくる涙を押さえて歌った!

横山の母が急逝したのは、青森で関ジャニが公演中のことだった。横山は母が握ってくれたおにぎりのことを思って作詞した「オニギシ」を歌うときには、感極まり、周辺は体調でも壊したのではないかと思うくらいだった。横山は講演後に語った・・

「お客さんにバラしたら絶対にアカンと思ったんで、言わなかったんです。来ていただいてる

お客さんには関係ないことですし・・・」

横山は母に対する悲しみだけではなく

「最後、僕がソロコンサートで、大阪城ホールでの姿を(母親に)見せれてるんですよ。それがやっぱり良かったですね。」

と、自身がうれしく思うエピソードも語った。横山の話は年の離れた弟のことに移る、弟のことを語る横山は涙を止めることができなかった。





よく読まれている記事