ボルト選手が桐生選手に贈った言葉「それでは逆に遅くなる」→その持論に多くの称賛の声が!!




人類史上最速の男、ジャマイカのウサイン・ボルト選手。2009年に出した9.58秒(100m)は未だに破られていない世界記録です。

日本にも陸上短距離界で注目を集める存在、東洋大学の桐生祥秀選手。高校時代になんと10.01秒(100m)の記録を出し一躍時の人に。2016年に行われたリオデジャネイロ五輪にも出場し、男子4×100mリレーでは銀メダルを獲得しています。

NEWS23(TBS系)の報道番組の企画で2013年ボルト選手と桐生選手の対談がいま改めて脚光を浴びています。

ボルト選手は「速く走るためには、速く走ろうと思わないことだ」と持論を展開しました。
一体どういうことでしょうか。

詳細は次ページをご覧くだい。





よく読まれている記事