「すぐ抱きついちゃうんですよ」星野源が語ったドラマ・『逃げ恥』での新垣結衣とのエピソードとは



現在歌手をはじめ、俳優、文筆家としても人気のある星野源さんが今回『命の車窓から』(KADOKAWA)というエッセイ本を発売。活動が個性的なことで注目されることもあった星野源さん。
その存在はドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で世間にも一気に広まりました。様々な分野で活躍し多忙な彼が自分を見つめ、出会った人たちのことをどう綴ったのでしょう。
インタビューでは〝逃げ恥で共演した新垣結衣さんにまつわるエピソードも・・・

客観的に描写していくことで見つけた個人的快感

――今回のエッセイ集『いのちの車窓から』は、雑誌『ダ・ヴィンチ』で掲載されていた連載を中心にまとめた作品。2012年に最初の連載がスタートした当時は、今とは違って人の悩みに答える相談連載だったんですよね。

星野源 そうなんです。最初は編集者の方からお話をいただいたんですが、僕も忙しいながら何でもやりたい時期だったので、連載を受けさせて頂いたんです。
でも、早々に僕が病気で倒れて、中断してしまいました。それで復帰後の2014年に「僕は相談を受けるほどの器ではないので、連載はエッセイでやるのはどうでしょう」
とあらためて提案して、そこから今のエッセイの形になりました。

――エッセイを書く時は、どんなことを伝えたいんでしょうか?

星野源 それまで僕が書いてきたエッセイだったら、「こういうメッセージを伝えたい、自分のこういうところを見てほしい」という前のめりな部分があったんです。
でも今回は、なるべく自分というものを消したい思いのほうが強くて。

――なぜ、そういった気持ちになったんでしょうね。

星野源 第1回、古田新太さんについてのエッセイを書き終わって実感したんですけど、自分の目の前にいる人のこと、そのときの状況を書くというのが気持ちよく、文章にできた時にスッキリした気がして。
この形なら連載を続けられるかも、という手応えがありました。それまでは、読む人の役に立つ文章じゃなければいけないというか、何かを伝えなくてはいけないという強迫観念みたいなものがあって。
そこから解き放たれて、ただ目の前で起きたこと、そしてそれによって自分の心はどう動いたのか? を客観的に描写していくことが、個人的快感になってたんですよね。
だから、読む人のことを考えたというより、個人的な楽しみの一つみたいな部分もあります。

独自の視点、価値観をもつ星野さん。この本はその〝星野源らしさがたくさん詰まったものになっているのでしょう。

新垣結衣さんにクランクアップまで内緒!その後は・・・?

――そんなエッセイの中でも、早く書き上がったもの、時間がかかったものは?

星野源 体感として一番早く書けたのは、新垣結衣ちゃんについて書いたもの(「新垣結衣という人」)じゃないでしょうか。ちょうどドラマの撮影を一緒にしているというリアルタイム感もあって、すごく早く書けたと思います。
時間がかかったのは、「SUN」という自分の曲について書いたエッセイ。
SUN」はどうやってできたかという解説みたいな内容なんですけど、楽曲解説ってどうしても自分を語る部分が多くなるので、そういう要素をできるだけ引いて、曲が気になった人が読んでくれて、より面白く聴けたらいいなと思って、推敲を重ねました。

――エッセイの中では、新垣さんが恥ずかしがり屋なので、「クランクアップまでこの文章を読まないことを祈る」と書かれていましたが、新垣さんはその後、読まれたんでしょうか?

星野源 それがわからないんです(笑)。撮影中、この原稿をマネージャーさんにご確認お願いしたところ、すごく喜んでいただけて、「アップまで内緒にしておきますね」って。
その後、内緒を解いたのかはわからなくて。

ドラマで共演した新垣結衣さん。果たして読んだのでしょうか。内緒の結末は星野さんにもわからないままだったのですね。
共演したことで星野さんから見た「新垣結衣という人」どんなふうに綴られているのか気になってしまいます。
そんな星野源さん、過去にはこんな悩みもあったそうです。
詳細は次のページでご覧下さい!

    





よく読まれている記事