「安達祐実は最高の被写体」35歳とは思えない彼女の夫、桑島智輝語る”本当の安達祐実”とは





剛力彩芽さん主演の連続ドラマ「女囚セブン」に安達佑実さんが出演しています。21日放送の第1話ではセーラー服姿を披露しました。そのセーラー服姿に

「若すぎ」

「とても35歳とは思えない」

「可愛い」

などのコメントが寄せられています。でも、安達さんのインスタはもっとすごいことになっているんです。

ワニを持ってもこのかわいさ

ひまわりと妖精みたいな

0歳から活躍する足立さん、35歳になっても驚くほどの若さです。今回のセーラー服姿は大変な話題になっています。足立さんと言えば1994年にドラマ「家なき子」で主人公すずを演じて12歳とは思えない演技力を見せました。
劇中のセリフ

「同情するならカネをくれ」

は流行語大賞を受賞し、社会現象ともなりました。子役のイメージもすっかり払拭され大人になった足立さん、今ではお母さんです。その足立さんが今でもセーラー服が似合うのは女優としての才能ではないでしょうか、若く見えるというのも、違和感を感じさせないのも自身の努力がなければ難しいことです。
そんな安達さんのことをカメラマンの夫・桑島智輝さんが語ります。その気になる内容は次のページをご覧ください。





よく読まれている記事