時代を超えた二人の名俳優が魅せた遺作に「役者魂」を感じると話題に!!


2017年3月26日、日本テレビ系「最後の一日・最後の言葉~ホントにそれでいいんですか?~」にて、昭和の大スター・石原裕次郎さんが、ドラマ「太陽にほえろ!」最終回の取り調べシーンは、7分間アドリブで演じたという内容が放送されました。

そして同日、渡瀬恒彦さんの遺作となったテレビ朝日系「そして誰もいなくなった」が放送されたこともあり、二人の名俳優の最後の芝居に賞賛の声が相次ぎました。

さて、昭和の名俳優の最後の芝居とはどんなものだったのでしょうか?
気になる方は次のページをご覧ください。