大人の魅力を身にまとう俳優、反町隆史(43)の人気が再び上がってきたそのワケ





俳優の反町隆史さんが、3月19日京セラドームにて行われた「KANSAI COLLECTION2017」(関コレ)に出演しました。
いまだ変わらず人気の反町さん。会場に登場すると、ひと際大きな歓声があがりました。
現在、ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)に出演中の反町さん。関コレでは映画『相棒-劇場版IV-』とのコラボステージが設けられており、そこに出演することに。
反町さんは劇中のような黒のスーツに白シャツ、ノーネクタイでランウェイに登場しました。現在43歳の反町さんですが、20代とほぼ変わらないルックス。この関コレを伝えるニュースでは

「やっぱカッコイイ。変に若作りもしてないしいい年の重ね方をしてる感じ」

「何歳になってもかっけえな」

「悔しいけどカッコよすぎだよな」

と反町さんへの賞賛の声が多数寄せられました。しかし、そのルックスだけが反町さんの魅力ではないのです。役者としての演技力も一時期に比べ評価されてきています。
1994年にデビューした反町さんは、『バージンロード』(フジテレビ系)をはじめ、『ビーチボーイズ』、『GTO』などで大ブレイク。
多くのドラマの主演に抜擢されました。
しかし、2007年の『ドリーム☆アゲイン』(日本テレビ系)、2008年の『ロト632千万円当てた男』(テレビ朝日系)、2011年の『グッドライフ~ありがとう、パパ。さよなら~』(フジテレビ系)など、主演を務めたドラマが次々と低視聴率に終わってしまったのです。
そのせいで「低視聴率俳優」などと言われ、役者としての評価は低迷していた時期もありました。
このまま勢いは衰退していくのかと思いきやある転機があったのです。
続きは次のページでご覧下さい!





よく読まれている記事