自分の命が1人の女子高生によって守られていたことを、俺は18歳になるまで知らなかった・・・




いつからだろう。

毎年7月18日、父は会社を休む。

母は美しい花を買って、二人でどこかに出かけるのだ。

どこへ行くんだと俺が尋ねても、「ちょっとね」とお茶を濁す。

そそくさと礼服に着替え、

それはそれは不思議な1日が毎年続いていた。

そんな俺ももう高校三年生。

何となく教師になりたいなどと夢を持っていたが、家には金がない。

意地でも国公立に行けと親には言われてる。

続きは次のページにてご覧ください。





よく読まれている記事