「収入に直結しますよ!」結局世の中顔なのか…→アスリートの世界にも”イケメン”や”美女”だと収入に差がある?


実力よりも顔で決まる?


この発言が飛び出したのは220日に放送された「バラいろダンディ」(TOKYO MX)。仕事に顔の良し悪しが影響するか?という問いかけに、答えたものです。武井さんはさらに「収入にも直結してます」言いきりました。
なかでも

「ゴルフの女子プロは例え成績がトップでなくとも、可愛いければスポンサーがつくんです」。

共演していたプロレスラーの蝶野正洋さんも「プロレスラーも顔です」と共鳴。「若いイケメンが出てきたから、私らの業界も成り立っています」と言います。
番組を見た視聴者からのSNSには

確かにアスリートがアイドル化している種目は多い

やっぱり顔か!ブスにはつらい。現実だよね

実力よりも顔が勝ってしまう。それも有りですね

という声が相次ぎました。
その実例が顕著に現れています。アメリカの経済誌「フォーブス」が発表した2016年版スポーツ選手長者番付によると1位はサッカーのクリスティアーノ・ロナウド選手。
日本人最高は29位に。やっぱりイケメンのあの人です。「イケメンだから収入が高い」のか「実力があるから収入が高い」のか?
果たしてその人物は誰なのでしょうか?
気になるその人は次のページでご覧下さい!