「もっと綺麗になりたい」理想のフェイスを手に入れるために整形した結果・・→顔面崩壊で別人になってしまった女性たち




 

1.ヴァレリア・ルカノワ

1985年生まれ、モルドバ出身のモデル
ロシア人のヴァレリア・ルカノワさんは、バービー人形に近づくために整形を含め様々な努力を続けているようだ。
一方で彼女自身は、整形を一切していないと答えている。

2.ヒューゴ・ヘルナンデス・ガルシア

メキシコ出身のスタイリスト。
1997年から美容整形を始めたが、その後整形中毒に陥ってしまい、自分の顔にベビーオイルを注射するようになった。
右側は2014年、左は1997年の画像。

3.格安の整形手術を受けた結果

中国で17歳の少女が格安整形手術を受けたら・・・

数年後とんでもない姿に

次のページに続きます…





よく読まれている記事