ホームレスの男性が大金の入った財布を拾い警察に届けた結果→人生が180度変わることに


警察は持ち主に連絡し、持ち主であるニーティさんは、一連の話を耳にします。

ニーティさんは「自分が財布を落としたことさえ気付いていなかった」といいます。

 

ニーティさんはワラロップさんの行動に感激し、ワラロップさんに”とある提案”をしました。

それは、なんと『仕事と住処を提供すること』でした。 

 

最初は、謝礼として現金を渡そうとしたようなのですが、ワラロップさんがホームレスであることを考えた結果でした。

偶然にも、財布の持ち主であるニーティさんは、金属加工の工場を所有する経営者だったのです。

 

次のページに続きます…