目の前で自転車をとられた俺、犯人に詰め寄ると自分のものだと主張!「じゃあ乗ってみなよ」といった結果!!




登場人物

・俺♂

(当時25歳)

・キチ♀

(40超えてると思ったら30代だった)

 

当時の俺は、仕事の関係で

地方都市に住んでた。

俺は趣味でロードバイクに乗っていて、

休みの日にはポタリングに出かけたりしていた。

ある日、少し遠出をした俺は、

尿意を催し、公衆トイレに立ち寄った。

カギは持ってきていなかった為、

トイレの中から見えるところに

ロードを置き、用を足しているとき、

外に置いてあるロードのそばに、

怪しい人影が近づくのが見えた。

よく見ると、妙な女が俺の

ロードをジッと見ている。

「倒れたりするとシャレにならんから、

手を触れてくれるなよ…」

との願いも届かず、

俺のロードを手にかけたと思いきや、

手で押しながら、ロードと共にその場を去り始めた

 

 

次のページに続きます…





よく読まれている記事