『貫地谷しほり』が嫌われていたのは何故なのか!?性格ブスとの声が大噴出の理由は?




貫地谷しほりさんは、1985年生まれの31歳。芸能界入りのキッカケは中学生の時に新宿駅のホームでスカウトされたそうです。

彼女の代表作は、何と言っても2004年公開の映画『スウィングガールズ』です。

その後、『大奥~華の乱~』、NHK大河ドラマ『風林火山』など話題作に出演。

そして、2007年秋からはNHK連続テレビ小説『ちりとてちん』のオーディションに合格し、初主演を務めています。今放送中のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』でも、“しの”という後の井伊家当主・井伊直政の母親役で主演中ですが、今のところチョッと“憎まれ役”的な感じでしょうか…。

そんな貫地谷しほりさんは“性格が悪い”と言われ続けているらしいのです!まぁ、万人に好かれる芸能人も少ないとは思いますが、そこまで言われるには何か理由があるのでしょうか?

次のページで、その辺りに触れてみたいと思います。






よく読まれている記事