森山良子が“母の本音”と“姑の本音”を泥酔状態で暴露!!小木は無神経すぎる




森山良子さんは、1948年生まれの69歳!

彼女の音楽の才能は両親から受け継いだものでしょうか。お父様は、サンフランシスコ生まれの日系2世ジャズ・トランぺッター、お母様は元ジャズシンガーという家庭で育てば、自然に音楽が周りにある環境だったのかもしれません。

19歳になった1967年に、黒澤プロダクション所属のソロ歌手として『この広い野原いっぱい』でレコードデビュー!黒澤プロの所属になったのは、黒澤家をたびたび訪れ歌を披露していた森山が歌手になると聞いた黒澤明の意向だったそうです。

代表曲と言えば、「涙そうそう」や「さとうきび畑」なら、今の若い世代の人達も何度となく耳にしている歌ではないでしょうか?

そして、彼女は歌手としてだけではなく女優としても数々の話題作に出捐しているんです。トークも巧みで多才な方だな~と感心してしまいます。

そんな森山さんも私生活では、母であり姑でもあるわけですよね!ストレス溜まってるみたいです。番組内で泥酔し、私生活での“ある愚痴”を吠える一幕があったようです。次のページで、その辺りに触れてみたいと思います。





よく読まれている記事