知らずに高級料理店に足を踏み入れてしまった➡︎場違いだと思い店から出ようとしたら・・・




東京に出張したときのことだった。

昼食時、ふつうの定食屋だと思ってそのお店に入ったら

何となく空気感が違う。

普通だったらサラリーマンでごったがえす時間帯

そこはすごく静かな空気が流れていた。

一番安い料理でも3千円はする高級和食店だったのだ。

悩んだ挙句、僕は顔を真っ赤にしながら正直に言った。

「予算が足りないので失礼します」

調理場から顔をのぞかせた店主が、

カウンター越しに小さな声でささやいた。

「ご予算はいかほどでしょう?」

顔から火が出そうになりながら僕は

「千円では無理ですよね?」と言った。

続きはコチラから!!





よく読まれている記事