「絶対に漫画家になる!」と決意して必死に頑張ったものの、悲惨な崩壊の末路を辿った男がこちら…!




「人生は一度きり、ならば好きなことを全力でやってみたい」

「退いて後悔するより、進んで後悔したい」

彼の口癖だったが、それまで

何となくのレールに乗ってきた俺には新鮮な発想だった。

そして、俺も昔から大好きだった

漫画家を真剣に目指すことを考え始めた。

「漫画家になろうかな」と思ってから、

成績が下がるまでの間は凄まじかった。

「漫画家に学歴は関係ない」というのが逃げの口実となり、

次の考査で一気に赤点連発。

落第の一歩手前まで行きかけた。

続きは次のページにてご覧ください。





よく読まれている記事