松本人志の「遺書」に記された志村けんのエピソードが男前、人格者としてすごすぎる!!




松本人志が認める芸人の一人、志村けんが男前すぎる!

ダウンタウンの松本人志さんは自著『遺書』の中で、自身が認めるたった4人の芸人についてこう記しています。(松本人志著「遺書」より抜粋)

俺が認めるということは、男ットコ前(おっとこまえ)ということだ。

中略

まず最初の男ットコ前は島田伸介
芸人には動きで笑わせる芸人(視覚)と、しゃべり笑わせる芸人(聴覚)がいたとしたら、彼は間違いなく後者のほうだ。
なぜこのおっさんが上位に上がってこないのか、不思議で仕方ない(やっぱり世間はアホが多い)。
もしもテレビに出られなくなって、ラジオ活動に専念したら間違いなく天下を取っているだろう。
あの頭の回転の速さ、まさに男ットコ前なのである。

二人目は「志村けん」。

俺はドラマも出ないし、歌も出さない。お笑い1本で勝負する。
そのお手本になっているのがこのオッサンである。

本当にお笑いが好きで、お笑いのこと以外のことを考えないという一途さは、まさに男ットコ前なのだろうか。

三人目は「大竹まこと」。

あの破壊力、パワーは男ットコ前だ。
コメディアンというのは、どこか犯罪者のにおいがしたほうがいい(いや、本当に)。そういう意味でもこのオッサンは何をしでかすか分からない 。
いや、しでかした後のような危険があり、畳の上では〇ねないような男ットコ前さを感じる。
俺が大好きな「鳴かぬなら〇してしまえホトトギス」タイプに男ットコ前だ。

最後に紹介するのは俺の隣の男ットコ前「浜田雅功」。

芸人は天才タイプと努力タイプがいる、もちろん俺は天才タイプ(聞き飽きたってか?)。
アイツ(浜田)は努力タイプである。

コンビを組んで間もないころ、「あそこのコンビがツッコミ(浜田)が下手」というのをしばしば耳にした。元々負けず嫌いの性格のアイツは先輩漫才師のツッコミを見て、それこそ遮二無二、勉強したのだろう。
それに引き換え今の若いコメディアンは、ジャンプしてつっこんだり、回し蹴りでつっこんだり、そんなことでは、いつまでたっても浜田は抜けないよ。以上

PS:やっぱり俺は悪口のほうがスラスラ書けるなw

松本さんが選んだ4人の芸人さんに納得ですね!

松本さんに「男ットコ前」と言わしめるほどの志村さん。お笑いに一途な姿勢を高くリスペクトされていることがわかります。

さらに志村さんに関してこう続きます。

ダウンタウンが関東に進出したての頃、志村さんが自ら彼らの楽屋に出向いた時のエピソード。

 『やたらと親切で礼儀正しいおっさん。おい、まっちゃん! 関東に進出して、おめでとう!何か困ったことがあれば、この俺に言えよ!その代わり、俺が売れなくなったら、松っちゃんの番組で使ってよw 』

 関東に出てきて、関東の芸人さんに初めて優しくしてもらいましたわ。

なんて素晴らしい人なのでしょう!お笑い界の大先輩の立場でいながら自ら挨拶に出向き、「売れなくなったら使ってよ」だなんてジョークでもなかなか言えないものです。

志村けんさんは器も格も違う、凄い人だと思います。おそらく当時の松本さんもそう思われたのではないでしょうか。

人格者でお笑いを愛する男、志村けん

お笑い界のトップに君臨する志村けんさんですが、人格者として有名です。こんな心温まるエピソードも…。

テレビ局の廊下で 家族歌合戦の収録で来てた子供に あっ!変なおじさんの志村けんだ!って言われ、ムッとした顔で楽屋に入って行って 1分後に変なおじさんの格好で 笑顔で対応した話しは聞いた事あるけど 本当に神な人だよ

子供が大笑いする情景が目に浮かびますよね。素晴らしい機転の利かせ方。さすが志村さん!!

どんな状況でも瞬時に「お笑い」に変えてしまうところは凄いとしかいえません。松本さんがリスペクトする理由も頷けます。





よく読まれている記事