受験前夜に初体験を捧げてくれた彼女が翌日、自ら命を絶った!残された遺書の内容に涙が止まらない・・・




俺の学力は、彼女と一緒に行こうとしてた大学には問題なく、

もう一つ上の大学も狙えると先生から言われていた。

彼女の方は少し厳しかったらしく、

合格目指して塾に通っていたらしい。

そしてあの夜、事件が起きた・・・

夜8時くらいに彼女が俺の家に突然やってきた。

それも服をボロボロにして、

泣きながら「ごめんね」と繰り返して・・・

続きは次のページにてご覧ください。





よく読まれている記事