加藤一二三九段特集!その生き方と陰から支えてきた妻の言葉が話題に!!※画像あり




1954年に14歳7ヶ月で四段昇段(プロ入り)を果たし、62年もの間誰も破ることができなかった大記録を持つ加藤一二三九段。

20歳で名人に挑戦した最年少記録は未だに破られておらず、まさに「レジェンド」もしくは「大天才」と呼ばれるに相応しい大将士ですね。

世間では「ひふみん」の愛称で親しまれ猫を愛する加藤九段、そんな可愛らしい彼の最後の対局までの半年間を追った『加藤一二三という男、ありけり。』という番組がNHKのETV特集で放送されました。

特集では加藤九段の将士としての生き様や妻の存在が熱く取り上げられており、「かっこよすぎる!」とネットで話題になっているのです。

詳しくは次ページからご覧下さい。





よく読まれている記事