わずか「0.6%」の罹患率! ナイナイ矢部浩之が病気に!テレビで衝撃の告白に驚きを隠せない


ナインティナインと言えば、暴走する岡村さん止める矢部さんの構図、そんな毎日に疲れたのか、ツッコミ担当の矢部浩之さんが深刻な病気にかかってしまったというのです。この病気にかかる確率は成人の場合、なんと0.6%とのこと。


矢部さんがかかった病気。それは『手足口病』でした。手足口病はウィルス性の疾患で、病名は手のひら、足の裏、口内に水泡が発生する英語病名の直訳に由来しています。
乳幼児によくみられる疾患ですが、稀に成人にも見られます。乳児の場合には死亡することもあり注意が必要です。夏場に流行して、汗疹と間違われることがあります。この病気は乳幼児に多い疾患。
矢部さんのお子さんが3歳と1歳ということを考えると、乳幼児が多く集まる場所に行ったときにうつったのかもしれません。
この手足口病は、通常7~10日で治癒しますが、まれに急性髄膜炎を合併し急性脳炎を起こす場合があります。
手足口病そのものに対する治療法はないので、ただれた部分の熱や痛みには対処療法しかありません。
基本的には専用薬がないうえに、重篤な病状に陥る可能性もあるということです。そんな手足口病にかかってしまった矢部さん、病状はどうなっているのか?
今の状態をテレビで明かしてくれました、その気になる内容は次のページをご覧ください。