北斗晶、ブログに投稿した「ありがとう」の反対語→あなたにこの意味がわかりますか・・・??




「ありがとう」の反対語とは?

北斗晶さんといえば、がんが見つかり現在闘病中ですが、自身のブログに綴った内容が感動的と話題を呼んでいます。

それは2016年4月7日に投稿された「ありがとうの反対語」という記事でした。

「ありがとう」の反対語ってわかりますか?

ちょっとあまりに当たり前過ぎる言葉なので、反対語と言われてもなかなか思いつかない…というのが本音ですよね。

普通に考えると、反対語として思いつきそうなのは「ごめんなさい」とか「どういたしまして」といった言葉ではないでしょうか?

でもその答えは全然違う、以外な言葉なのでした。

「ありがとう」の反対語はコレ!

一見難しそうに思える「ありがとう」の反対語、実は「当たり前」なのでした。

えっ何で?と思いますよね。

以下の動画でその答えが解説されていました。

目から鱗とは、まさにこのことではないでしょうか?

まさか「ありがとう」の反対語が「当たり前」だったとは…

でも理由がわかれば納得です。

「ありがとう」は漢字で書くと「有難う」。「有り難(ありがた)し」という意味だ。

あることがむずかしい、まれである。めったにないことにめぐりあう。

すなわち、奇跡ということだ。

奇跡の反対は、「当然」とか「当たり前」。我々は、毎日起こる出来事を、当たり前だと思って過ごしている

日本人なのに”ありがとう”の反対語を知らなかった。 ーより引用

ありがとう→有難う→有難い→なかなかない、めったにないということですね。

だからその反対語は「当たり前」になるのですね。

改めて漢字は「ありがたい」ものと感じました。

北斗さんの「ありがとう」

そばにいてくれるみんなに…
支えてくれる読者の皆さんに…

私を気にかけてくれる皆さんに…

ありがとう

今日は…頑張るよりも、ありがとうを1人でも多くの人に伝える日にしようと思いました

北斗晶OFFICIAL BLOG ーより引用

北斗さんはこの「ありがとう」の言葉の意味を知り、とても素敵な言葉と感動したそうです。

だからこそ、こうして1人でも多く周りの人に「ありがとう」を伝えたいと思ったのでしょうね。

そんな北斗さんから私たちもたくさんの勇気をもらっています。

北斗さん、ありがとう!





よく読まれている記事