「剛力さん変わった」ドラマ・女囚セブンで魅せた女優・剛力彩芽の演技にネットの声は・・・


テレビ朝日系で現在放送中のドラマ「女囚セブン」では、剛力彩芽による京都弁の演技が自然体でいいと評判。

「剛力さん変わった」「演技が素晴らしい」

とネットを騒がしている。このドラマのキャッチ・コピーは全員、悪女出演キャストも濃厚、放送後も個性豊かな囚人たちが見せる人間ドラマが好評だ。
人気急上昇の「女囚セブン」の魅力を考えていく。

女囚セブンの魅力


『女囚セブン』は、「花園刑務所」という女子刑務所を舞台に女囚同士の喧嘩・いじめ・抗争、そしてソフトなお色気と女囚モノのお約束満載の作品である。
昭和世代であれば梶芽衣子主演の『女囚さそり』の名作シリーズを思い出すだろう、梶は置屋の女将役で今回番組に特別出演している。
女囚モノは2時間ドラマやVシネマでは鉄板のテーマとなっているが、今回ドラマでは囚人服がピンクだったり、食堂のテーブルクロスがピンクのチェックだったりと現代風にアレンジされている。剛力を含む「セブン」全員が曲者ぞろいだ。剛力は元芸妓で同僚殺害容疑で収監。
政治家秘書(山口沙也加)、元ヤンのシングルマザー(トリンドル玲奈)、遺産目当ての毒婦(平岩紙)、全身美容整形の看護師(橋本マナミ)、夫殺しで最高齢(木野花)、食い逃げ女(安達佑美)登場人物は個々、癖のある強いキャラだが剛力は意外にも彼女らの毒演技を見事に切り返している。
深夜枠のドラマにも関わらず好調な本作、そのベースが女囚モノ要素にある。
女囚モノに期待される要素とは?
続きは次のページでご覧下さい。





よく読まれている記事