「父はがんばれって言ってくれるはずです」 尾崎豊の息子、裕哉がCDデビュー後の心境を語る




いまだに根強い人気を誇るカリスマ的アーティスト、故・尾崎豊の息子、尾崎裕哉が322日ファーストEPLET FREEDOM RING」を発売。
昨年には配信シングルのリリース、音楽番組への出演、アーティストとしての顔が少しづつ見え始めた。
その裕哉が、今後の活動や自身の音楽性と父親との違いなどについて語った。

音楽番組へ露出も増えて、新しいファン層が増える


昨年9月に楽曲を配信、その後「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)などのテレビへの露出が増えたことに関し裕哉は、自分の周辺でスタッフや新しいファン層が増えた認識を明かした。しかし、周囲の変化に対して自身が変わったことはないと明かした。
7月の「音楽の日」(TBS系)、10月の「ミュージックステーション」ではシンプルに尾崎裕哉の歌声を聞かせる演出であり、あまり華やかな印象は受けなかった。
このことに対し裕哉は自身の心情を語っている。

以前は、目の前のマイクに向かって歌うことしか考えてなかったけど、ちょっとずつそのマイクの先にいる人のことを考えるようには

なってしまったかなとは思うんですよね。反響をもらえたぶん、僕の歌が誰に届くんだろう?

誰が観ているんだろう?というのを。

その人たちのことを意識するから、緊張はしやすくなるのかなという危惧はありました。

そういう意味では、アーティストとしての自覚は前より増したのかなと思いました。

3月には4曲入りEPも発売、本格的な音楽活動が始まった裕哉であるが、本人は周辺が思うほど父親・豊さんを意識しているわけではなく

「尾崎豊をいちばん背負っているのはファンの方々」

ではないかと語った。尾崎豊の息子として見られる裕哉であるが、本人はアメリカで10年過ごし、帰国後は慶応大学で大学院まで学ぶなど、自分を広げるのに十分な生活を送ってきた。
いままでの積み重ねが「裕哉」という尾崎豊とは違う見識を持つアーティストを育てたのかもしれない、そんな裕哉のアーティスとしての考え方を告白した。
気になる考えは次のページでご覧下さい。





よく読まれている記事