意外と知られていない!?後輩思いの有吉が「アルコ&ピース」にした、彼なりの助言が胸に突き刺さる。。。※動画あり


決勝3位に対し・・・

『THE MANZAI』で、決勝3位という惜しい結果だったアルコ&ピース。
大会後、有吉は彼らを連れ、六本木の高級寿司店を訪れたそうだ。有吉は店に着くなり開口一番、
「優勝以外は全員負けだ」と彼らに冷水を浴びせた。

アルコ&ピースの2人には、この結果に満足せず、上を目指してもらいたいと、有吉らしい期待を込めた言葉だったに違いない。
そしてテーブルに運ばれてきたのは、シャンパンであった。いつもはビールから始める有吉に、「今日はどうかされたんですか?」と訊ねる店員。
すると有吉は、その問いに小さな声で、「今日ね、お祝い」と答えたという。
こうした可愛がっている後輩らと飲む機会があると有吉は必ず、今日までの自分の経験を踏まえた助言を行うそうだ。

手を抜かないということ

「お前らにはこれから細かい仕事が、いっぱい入ってくる、中には馬鹿馬鹿しい仕事やギャラが安いわりには拘束時間が長い仕事など、
気が進まないものもあるだろう」と。
だが、「ひとつひとつ、絶対に手を抜くな!」と強く諭すのだ。
“絶対に誰かが見ていて、後々の仕事に繋がるから”だという。
全く仕事が無くなったドン底時代を経験した有吉は、再び表舞台に返り咲き、今では最初のブレイク時より安定した人気を得ている。
“どんな仕事でも絶対に手を抜かない”。当たり前のことを言っているようだが、
有吉の芸人としての足跡を思えば、深くて真意をついた言葉だ。
このように後輩思いの有吉だが、本当に可愛がっている者にしか自分のお金は使わない。
後輩の知り合いでも面識が無い者には、「(自分の)金、使いたくない!」とハッキリしている。
どこに金をかけないで、何に金を使うのか。これも人生の山も谷も経験した有吉の、お金に対する考え方であろう。

出典:youtube





よく読まれている記事