世界中に存在している本当に呪われたとされているもの9選!!




幽霊が存在するかどうかは、明確な証拠がない限り決して結論に至らないトピックです。
それは、呪われたモノや恐ろしいモノについても同じことが言えます。
不気味な逸話がある家具から人形に至るまでさまざまな呪われたモノがあります。
ほとんどすべての文化に数多くの幽霊の物語がありますが、呪われたモノを見つけるのははるかに難しいです。
幽霊は本当にいたかどうか確認できませんが、呪われたオブジェクトになると、現物として存在し、本当にそれが呪われているのかそれとも嘘なのかを簡単に証明できます。もし誰かがあなたに呪われたモノを与えて何も起こらなかったなら、それが呪われたものだとは信じないでしょう。
あなたは呪われたモノを受け取るような勇気がありますか?
これから紹介する呪われたモノのほとんどは、コレクターや美術館のもとにありますが、チャンスがあればどれを受け取りますか?
たとえ、どんなに呪いや超常現象を信じなかったとしても、もしものことを考えると家に持って帰るのは難しいでしょう。
友達とこの話しを共有して、呪われたモノを家に持ち帰る勇気ある人がいるかどうか試してみてください。それでは、世界に存在する9の呪われたモノを紹介します。

1. 2人の女の子の魂が閉じ込められた鏡

ルイジアナ州の歴史的建造物、マートルプランテーションの家の中には呪われた鏡があります。
プランテーションとは安価で奴隷たちを労働させる施設で、奴隷制度と無実の人々への虐待で起きた恐ろしいことをここで話す時間はありませんが、この話が10のリストに入る理由は、家の子供たちによって呪われているからです。物語は、プランテーションの所有者の2人の娘が、彼女に対して復讐しようと試みた奴隷の1人よって毒殺されたというものです。
人が亡くなったとき、鏡を布で覆うのが習慣でしたが、そのときは誰も鏡を覆いませんでした。
その結果、多くの人が2人の女の子の魂が永遠にこの鏡の中に閉じ込められていると信じています。女の子の顔が写っている鏡の写真が何年も出回っていますが、批評家は偽物だと言っています。
あなたは信じますか?

気になる続きは次のページから!!





よく読まれている記事