下っ端893の兄貴分「お前の初仕事だ!!」 →車の鍵を渡されて指示通り車を運転し、山奥の産廃処理場に行ったら…




彼がまだ準構だった頃の仕事と言えば、兄貴分たちのお使いばっかりだったそうだ。 

 

やれタバコ、やれビール、やれマッサージ。族に居た頃は使う方だったケンジさんは、 
それはもうストレスが溜まって仕方なかったそうな。 

 

元々別に893になりたかったわけじゃないし、(半分無理矢理ならされた) 
「辞めようかな…」 

 

なんて思ってたそんなある日。

 

「ケンジィ~、頼まれてくれっかぁ~?」 
いつものように兄貴分がパシろうとしてきた。 

 

次のページに続きます…





よく読まれている記事