突然変異により信じられない姿に!可哀想だがちょっと恐ろしい生物12選!!




突然変異 


自然というのは実に複雑なもので、いつもすべてが予定通りに進むとは限りません。
突然変異生物たちはDNAの不思議を垣間見せてくれます。かつてはサーカスやフリーク・ショーでこれらの突然変異生物を見かけることもありましたが、現在では政治的・倫理的問題から難しくなっています。ですがインターネット上にはまだまだ多くの珍しい生き物の姿を見つける事ができます。

子どもは泣いてしまうかもしれませんが…

 

1.昔のゲームを思い出す? 

 

 

コネチカット州ハートフォードのオールドステートハウス博物館では、18世紀にジョセフ・スチュワートが収集したコレクションが展示されていますが、館内には過去数百年の間に世界中で生まれた2つの頭を持つ豚の標本が保管されています。

もしどうしても生きているものが見たいというときには、専門家にお願いするしかありません。

 

2.子猫の目つきが気に入らない 

 

 

1999年9月に生まれたフランクとルーイは、2つの顔を持ちながら最も長く生きた猫としてギネスブックに登録されました。

当初はすぐに死んでしまうと考えられていたため、死亡後に研究する目的でタフト大学の獣医学科に持ち込まれましたが、勤務していた看護師が家に持ち帰ったところ順調に成長し、普通の猫と変わらない生活が送れるまでになりました。

ですが2014年11月にタフトに戻った際に癌と診断され、2匹を苦しめることのないよう安楽死が選択されました。

 

もっとスシを! 


割と最近のニュースなのでもしかしたらご存知の方もいるかも?
2016年に発見された幼いサメの驚きの姿が話題となりました。
気になる続きは次のページから!




よく読まれている記事