女子高生に庇ってもらって守られた命だったことを18歳になるまで知らなかった。女子高生の親に初めて会った俺は生まれて初めて人前で泣き崩れた・・・


いつからだろう。

毎年7月18日、父は会社を休む。

 

母は美しい花を買って、二人でどこかに出かけるのだ。

どこへ行くんだと俺が尋ねても、ちょっとねとお茶を濁す。

そそくさと礼服に着替え、
それはそれは不思議な1日が毎年続いていた。

 

そんな俺ももう高校三年生。

 

次のページに続きます…





よく読まれている記事