私のことをイジメていた奴の子供が指導する少年団に入ってきた。そこで子供に復習をすることにした結果


復讐は子にやるのが最良。 

そいつの子供に小学校から中学までの恨みをぶつけてやった。 

 

大勢から仲間はずれにさたと感じその子供は涙目。 

親の因果が20年以上のときを経て子に降りかかる。

 

発端は小学生のとき、転校してきた自分は、学校に馴染めずにいた。 

 

次のページに続きます…





よく読まれている記事