小学生の頃、仲間が虐待を受けていると知った!助けようとオヤジを襲撃したら、とんでもない結末を迎えた・・・。


俺が小学校6年生に進級したときの話。

 

6年生初日の登校日。

 

特にクラス替えもなく見慣れた顔触れで

 

「春休み短かったよな~」とか

 

「FFの裏ボス倒したぜ」とか

 

いつも通り友達と会話をしてる所で

 

教室の扉が開き、先生が入ってきた。

 

「あ~、やっぱりまたふるっち先生かよ~」

 

「うるさい。大体お前らわかってただろ?
うちは二年ごとに受け持つ学校なんだから」

 

「先生の顔見飽きた~。」

 

こんな何気ない会話が教室に響き渡る。

 

先生自身も全員去年と同じ顔ぶれなので

 

特に気張って挨拶もすることもなく

 

「今年もよろしく」程度の挨拶を済ますと

 

だらけてた先生の顔が一瞬引き締まる。

 

「今日から転校生がきたんだ。
いいか?みんな仲良くしてやれよ~」

 

「わかってるよ~。席が一個多いもん!男?女?」

 

「焦るな。今、紹介する。坂倉~。入ってこい~」

 

クラスみんなの視線が扉に注がれる。

 

 

続きは次のページから!!