突然変異で産まれてきた色の違う珍しい動物たち!!




ピンクのバッタ

アマチュアカメラマンのリチャード・テイラーは、昼休みにサフォークの湖畔を散歩中、ふと緑の草葦の中にこのピンクの体と白い目を持つ昆虫を発見しました。

白癬症(はくせんしょう)に似たエリスリズムと呼ばれる遺伝子の突然変異により体内の赤いタンパク質が増加し、このような色になっています。

白いヘラジカ

日本では馴染みのあまりないヘラジカですが
よく見るヘラジカの姿かたちはこの通り。
しかし、発見されたのはとても幻想的な色をしていました。

次のページに続きます…





よく読まれている記事