「鳥肌がたった」!沢尻エリカ、ドラマ『母になる』の号泣シーンに賞賛の声!


沢尻エリカ(31)が主演を務める新ドラマ『母になる』(日本テレビ系)の第1話が、4月12日に放送された。沢尻にとって約3年ぶりの連続ドラマ主演とあって、放送前から注目が集まっていたが、本作で見せた沢尻の演技は期待以上のものだったようで視聴者からは賞賛の声が上がっている。

演技力に賞賛の声

同ドラマは9年前に誘拐された息子と再会し、再び母になろうとする主人公・結衣(沢尻)の姿を描いている。第1話では、書店で働いていた結衣が柏崎陽一(藤木直人/44)と出会い、妊娠をきっかけに結婚。

生まれてきた息子の広を溺愛する二人だったが、幼稚園の前で結衣が少し目を離した隙に広が連れ去られてしまう。

そして第1話で圧巻だったのが、結衣が“子どものいない人生もいいかも”と思ったことがあると陽一に打ち明け、「私がそんなことを思ったからあの子は…」と泣きながら後悔するシーン。

「広に会いたい…会いたい。ご飯食べてるかな…私がいなくてもちゃんと寝られてるかな…。会いたいよ…!」と、沢尻は数分間にわたり大号泣する演技を見せた。

そんな沢尻の姿に、SNSには放送中から絶賛コメントが続出!

気になる視聴者の声は次のページをご覧ください。





よく読まれている記事