宮迫が若手時代に『踊る!さんま御殿』で明石家さんまから受けたトラウマ・・・


『踊る!さんま御殿!!』は、日本テレビ系列で1997年から毎週火曜日に放送されているトークバラエティ番組。明石家さんまの冠番組です。

司会の明石家さんまが「御殿の主人」という設定らしいです。毎回12人前後のゲストを「さんま御殿」に招き、テーマに沿ったエピソードや過去の体験談を、さんまが指名した順に語っていくというもの。

1999年頃から人気が安定し、視聴率も20%超えの回もあったそうです。現在は14~18%で概ね好調をキープ!
2度出演したことのある評論家の宮崎哲弥さんによると、司会のさんまが番組中に行う「ネタふり」に対して出演者(特に芸人さん)が上手く反応し、適切な対応ができなければ2度とオファーが来ない!らしいんですよ。

そのため、極めて緊張感の高い現場であると語っておられます。東国原英夫さんも“さんま御殿って、もの凄いプレッシャーがかかる!戦場ですからね”、とのこと。

宮迫が語った若手時代から続く“トラウマ”!次のページで、番組内で何が起こったのか?など宮迫の地獄の試練を紹介します。