サンドウィッチマン、コンビ解散の危機→自殺まで考えていた富澤さんを救った、相方・伊達さんのしびれる言葉とは??


今では誰もが名前を知っているお笑い芸人のサンドウィッチマン。
2人は高校の同級生でした。伊達さんは、一般の企業に勤めていましたが富澤さんがお笑いの道に誘いコンビが結成されたのは24歳の時です。

宮城県から上京し、10年間ほど事務所にも入らずフリーでやっていました。その間はアルバイトで食いつなぎ家賃7万円の1DKで一緒に暮らしていたそうです。

フリーですから人脈もありません。何回もオーディションに参加しましたがその度に惨敗。

コンビを組んで5年たったくらいから、解散の話も何度か出ていたようです。

解散せずに諦めずお笑いの道へ進んできた2人には伊達さんの力強い言葉がありました。
詳細は次ページをご覧ください。