鈴木おさむ作「ママへのちょっと早めのラブレター」、ママへ向けた子供のメッセージが感動的だと話題に!!




ママへのちょっと早めのラブレターとは?

鈴木おさむさんをご存知ですか?

放送作家で、あの「森三中」の大島美幸さんの旦那さんです。

その鈴木さんが書いた「ママへのちょっと早めのラブレター」という絵本が、今ちょっと話題になっているんです。

これは「生まれる。」という高齢出産がテーマのドラマから生まれた絵本で、妊娠中のママさんに読まれているのだとか。

奥さんの大島さんの出産が迫っていることから、鈴木さんは「もっと多くの方に読んでもらえたら」と思い、絵本の内容をブログで紹介したところ、思いの外注目が集まったんだそうです。

その絵本の全文はこちらです。

今日はお腹の中からママへ早めのラブレターを書きます。

ちょっと早いけど僕はママのことを愛しています。

なぜなら、ママが僕のことを 沢山愛してくれそうだからです。

だから僕も愛してます。だから僕はママのところに来たんです。

僕はママに会えるのを楽しみにしています。

もし万が一、会う前にお別れしちゃったとしたら、それは僕がママを幸せに出来る自信がないからです。

その時はもう一回、ママを幸せに出来るようになって、ママのところに来るね。

もしこのままママに会うことが出来たら、ママを全力で愛すよ。

ママはもしかしたら、僕に会ったら、ガッカリすることもあるかもしれない。

他の友達よりも、格好悪かったり、色んな事がゆっくりだったりするかもしれない。

だけど、僕は僕なりに頑張ってみる。

ママを幸せに出来るように頑張ってみる。

たまにママは寂しそうだよ。辛そうだよ。だからママのところに行くね。

ママ、ちょっと早いけど、好きだよ。愛してる。

ママ、ちょっと早いけど、ずっと好きだよ。ずっとずっと愛してる。

鈴木おさむオフィシャルブログ ーより引用

まだ見ぬお腹の中の我が子からママへのメッセージを綴った作品となっています。

斬新な発想・着眼点で出産前のママさんから子育て中のママさんまで、幅広いママ層で人気なのだそうです。

両親に感謝する人もいるそうです

この絵本、いろんなところで人々に感謝・感動を与えているようです。

運悪く流産してしまったママさんにとっては、これ以上ない励ましの贈り物となったみたいですね。

また中には、自分のダメさ加減を反省し、両親への感謝の思いをより一層強く抱いた人もいるようです。

確かに親の立場だけでなく、子の立場から読んでも心揺さぶられる内容ですよね。

読む人に親子の絆の大切さ・尊さを教えてくれる素晴らしい絵本です。

現在復刻版の絵本が発売されていますが、その売り上げは寄付されるそうです。
感謝の気持ちを込めて、大切な人に贈ってみてはいかがですか?





よく読まれている記事