「子どもへの愛情がないんじゃないのか…」人気モデル紗栄子が子育て中の苦悩を語る




カリスマモデルとして

現在モデルや女優として活躍中の紗栄子(30)さん。二児の母親であり、シングルマザーでもある彼女ですが、その美貌に多くの女性が憧れを抱いています。
また美貌だけでなく、仕事・育児にも全力な彼女の姿はママタレ界でも不動の人気ですね。そんな紗栄子さん、母親として苦悩した日々もあったそうです。紗栄子さんは24日、インスタグラムで息子が9歳を迎えたことを報告し、これまでの育児を振り返りました。

20歳で授かり婚、21歳で長男を出産、25歳でシングルマザーとなった紗栄子さん。まだ若かった彼女にとって育児と仕事、母親としてのたくさんの苦悩があったそうです。
今では女性としても母親としても素敵な紗栄子さんですが、当時はシングルマザーとして生きていくことへの不安や、自分自身の母性に対して悩んでいたそうです。
子どもたちへの罪悪感を感じることも
長男を出産後、仕事復帰をしたものの、一緒に過ごす時間が減るこに罪悪感を感じていたそうです。アパレルブランドのプロデューサー業など、華やかなお仕事の裏で葛藤があった紗栄子さん。

View this post on Instagram

本当に本当にありがとう💕 #sweet #birthday

A post shared by SAEKO♡ (@saekoofficial) on

自分が再び表舞台にたつことに対し、子どもたちに悪い影響が出るんじゃないと思ったこともあったそうです。
たくさん悩みながらも仕事と育児、両方を頑張り両立させた彼女に自信をくれたものがありました。それは何だったのでしょう?
次のページでご覧下さい!





よく読まれている記事