逸見政孝、死の裏に隠された衝撃の裏話…→弔辞を読めないほど落胆した、ビートたけしの理由に大号泣。。。※動画あり


1993年クリスマスに、多くの視聴者に愛されたフリーアナウンサー逸見政孝さんが癌で亡くなりました。48歳でした。12月27日に逸見さんが初代キャスターを務めた「FNNスーパータイム」では、露木茂・安藤優子が葬儀の様子を伝えるとともに、ニュースキャスター時代の逸見さんの当時の仕事ぶりをVTRで振り返りました。

VTRが終わり、スタジオにカメラが戻った時安藤キャスターが大号泣していた姿が逸見政孝という人物の大きな存在を失った喪失感を物語っています。その時の露木キャスターも印象的でした。

逸見さんは亡くなった9月に闘病生活に入ってから110日目に自らガンであることを記者会見で明かしています。しかし、10月頃までは「たけし・逸見の平成教育委員会」の事前収録をはじめ、他番組の長時間司会もこなしています。

そんな逸見さんと番組共演者という間柄を超えて親友だった逸見さんとビートたけし。以前から交流はありましたが、「平成教育委員会」の共演をきっかけに2人の距離は縮まっていきました。

そんな親友関係の2人。弔辞を読めないほど落胆したビートたけしさんの中で一体何があったのでしょうか。

その胸中は次ページをご覧ください。