30ぐらいで亡くなった嫁。俺ら家族に毎年1年毎に手紙を書いてくれていた。俺「今年は何が書いてあるかな」→手紙が捨てられてしまい・・・




亡くなった嫁の手紙を、捨てられたとき。
嫁が30ちょっとでなくなった。当時息子も娘も保育園の年齢。
病気だったから、準備の時間があって、俺、息子、娘にそれぞれ一年ごと、
そしてイベントごとの手紙を書いてくれていた。
息子と娘は20才までと結婚、就職、親になったとき。
俺には60才までと再婚したとき、退職したとき、祖父になったとき。
一つ一つは長くないけど、毎年本当に楽しみに読んでいたし、
これがあるから○にたいとおもっても○ねなかった。
誕生日の手紙も律儀にちゃんとその都度読んで、
先に読んでしまうことはしなかった。
次のページに続きます…




よく読まれている記事