現在は行われていないが、昔実際に行われていた恐ろしすぎる人体実験12選!!




1.ナチスによる実験

第二次世界大戦中、ナチスは30種類以上の医療実験を強制収容所にいる捕虜や子どもに対して、同意なしに行ってきました

苦痛が伴うもの、体の一部を切断しなければならないもの、さらには死に至るものなど、さまざまな実験が行われました。

中でも最も死者が多かったものは、感染症の実験、高所での実験、凍結実験、結核実験、ガス実験でした。

人工授精の実験は1000組の双子に対して行われ、そのうち800組が死亡しました。

孤児に対する実験


子供相手に行われた、実に酷い実験。
その内容は暴力を振るったりの物理的攻撃性のあるものではありません。
とはいえ、その心に及ぼした支障はあまりに大きく彼らの人生を変えてしまいました。

次のページで!




よく読まれている記事