女優として活躍できない前田敦子。周囲に人がいる中でマネージャーに八つ当たり・・・その理由は後輩への危機感




AKB48の初期、不動のセンターとして君臨した前田敦子さん。
AKBに所属している間に、女優としてもデビューしました。

2011年に「もし高校野球のマネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」で日本アカデミー賞の話題賞を受賞しています。
その後、数々のドラマに出演。
しかし、今ひとつヒット作が出ません。
2016年のドラマ出演は以下の通り

毒島ゆり子のせきらら日記(毒島ゆり子 役)
グーグーだって猫である2 -good good the fortune cat-(飯田千里 役)
ほんとにあった怖い話 ~夏の特別編2016~ 「夏の知らせ」(萩原朋子 役)

ちょっと話題になっていないドラマか、メインではない配役…

しかし、この状況をマネージャーに八つ当たりしているところを知られてしまいました。
次のページでご覧ください。





よく読まれている記事