金もないのにタクシーの運転手に無理やり乗せられた!しかし車内で背筋の凍る事実を聞かされる・・・




15分くらい歩いていると先の方が

林みたいになっていて木の影がたくさん見えた。

うわ嫌だなあと思ったが

今更引き返せないし腹くくってそのま歩き続けた。

だんだん林が近付いてくる。

街灯もこの辺りには立ってなくて真っ暗。

だからそろそろ携帯のライトを付けなきゃな

と思い始めた頃だった。

林の向こうからヘッドライトが見えた。

近づいてきてタクシーだと判った。空車みたいだ。

手を上げようかと思ったが金がギリギリしかなくて

ネカフェまでいくらかかるか不安だったから迷った。

続きは次のページにてご覧ください。





よく読まれている記事